アイフルのおまとめローンの審査の真相って?

おまとめローンを利用すれば利子を減らせるのがメリットの1つと言われていますが、これは、低い与信枠のカードローンで複数から借金していることが原因です。

おまとめローンを利用することで本当に利息が減るのかどうかは申し込む前に自ら金利の計算をして確認しておくことが大切です。

おまとめローンのサービスがある金融機関では自社のホームページで返済シミュレーションを行えるコーナーを設置しています。

現在の借金額や金利を入力するだけでおまとめローン後の返済額などが瞬時に表示されますから簡単に比較することができるのです。

消費者金融と比べて銀行のおまとめローンの方が銀行ごとの金利差が大きいのでおまとめローンを検討している人は返済シミュレーションでしっかりと金利計算をすることが借金完済への一歩です。

埼玉りそな銀行にはおまとめローンと言う商品はありませんがフリーローンで対応することができます。

限度額は300万円までですが、金利は6.5%から14.0%に設定されていて最短2時間で審査回答という消費者金融のようなスピード審査も魅力です。

消費者金融ではありませんから総量規制は関係ありませんし、年収による申し込み規制もありませんから、パートでも申し込むことができます。

満20歳以上で完済時の年齢が満71歳未満、安定継続した収入がある日本に在住している人なら申込はできますが残念ながら、学生の申し込みはできません。

りそな銀行のフリーローンにはワンランク上の「りそなプレミアムフリーローン」もありますが昨年の年収が400万円以上とハードルが高くなっています。

複数の借入れを1つにできるおまとめローンは借入れ総額の管理がしやすくなり、条件によっては金利を下げることも可能です。

メリットが多く効率的なおまとめローンなのですがデメリットも多くありますから、あらかじめ調べることが大切です。

おまとめローンにも通常のカードローンと同様に審査がありますがおまとめローンだからと言って、審査が甘くなることはありません。

収入が減ったので毎月の返済額を下げたいという人は長い目で見れば、支払総額が多くなるというデメリットがあることを忘れないで下さい。

月々の返済額が少なくなると気持ちに余裕が出てくる人もいるようで解約した業者から融資のお誘いを受けると、又、借りたいという誘惑に負けてしまう可能性があります。

おまとめローンに申し込んでみたところ審査に落ちたという人には何らかの原因があります。

その原因が明らかにならない限り、次のおまとめローン審査を受けても落ちてしまう可能性は否めません。

おまとめローンの審査項目には年収、勤務先、勤続年数、借入件数、借入総額、個人信用情報などがあり、問題が無ければ審査を通過することができます。

年収は多い方がもちろん有利となりますが、肝心なことは借入総額とのバランスで常識的な範囲に収まっていれば返済可能と判断されるようです。

勤務先は公務員や大企業の社員だと有利になりフリーランスやフリーター、入社1年未満という場合は低評価となります。

個人信用情報は過去および現在の借り入れ状況を審査される項目でこれまでに自己破産や返済の遅延あった人、複数社から借り入れがある人は、審査が厳しくなります。

複数の借入れがあってもおまとめローンを使えば1本化できるので月々の返済額を少なくしたり引き落とし日を集約できるメリットがあります。

おまとめローンもキャッシングローンなので審査がありますが多重債務者が対象なので、通常のカードローンよりも審査が厳しく貸付金利が高いことが多いです。

銀行と消費者金融のおまとめローンの金利の違いは銀行カードローンは7.8から9.8%(東京スター銀行のりかえローン)ですが、消費者金融は6.3%から17.8%(プロミスおまとめローン)となっています。

どちらの金融業者のおまとめローンを利用するにしても月々の返済額を抑えるということは返済期間が長くなるという事です。

返済期間が長期化すれば支払う利息も増えてしまうので最終的には返済総額は大きくなる結果となります。

おまとめローンの手続きをスムーズに進めるために必要な書類や手続きの方法についてご紹介します。

必須の書類としては本人確認書類があり主に運転免許証やパスポート、マイナンバーカードが該当します。

借入状況を証明する書類の有無については、ローンを組む金融機関によって異なるのですが消費者金融だと総量規制の例外貸付を適用する事になりますので必要です。

収入証明書はおまとめローンを組む金融機関によって異なりますが消費者金融業者で50万円以上、銀行の場合は100万円以上で必要になることが多いです。

収入証明書は源泉徴収票や納税証明書など特殊な書類ですのでおまとめローンを検討している方は、早めに用意する手続きをとっておくことをおすすめします。

おまとめローンとは複数の金融業者から借り入れをしている人が既に借り入れているローンを一括返済するために新たに借り入れるためのローンです。

複数の金融業者からお金を借りれいると何回も返済日があるので残高の管理が大変です。

与信枠が低いと金利が高くて不利になりますから複数のローンをまとめたほうが利息を下げられるかもしれません。

しかし、おまとめローン利用者は多重債務者なので審査が不利になったり、厳しくなる事があります。

おまとめローンという商品を提供している金融機関もありますので専門の商品なら審査に通る確率は高いですね。

複数の金融業者からお金を借りていると引き落とし日を管理するだけでも一苦労ですね。

借入件数が多い人は与信限度額が低いために複数の業者から借り入れることになったのでしょう。

借入限度額が高い人ほど金利が低くなりますから金融機関は1社にまとめたほうが効率的です。

そうは言っても、多重債務者は金融機関では敬遠されますので全ての借入れを完済する金額の融資を受けるのにはハードルが高すぎます。

引用:アイフルおまとめローン審査は?評判口コミ【流れや時間は?】

しかし、多重債務者の負担を軽減するのがおまとめローンなのでなるべく早く申し込むことをおすすめします。

多重債務者を救済するための商品がおまとめローンですが借入件数が多すぎる審査に通らないことがあります。

借入件数は4社ならギリギリなんとかセーフと言われていますがアウトな人の救済策を考えてみましょう。

最優先で行うべきことは現在までの返済状況の確認と借りている金融業者名と残高の確認です。

1社でも完済できれば借入件数は減らすことができますから与信限度枠内でやりくりして完済できるローンは解約しましょう。

借入件数が多くても過去の返済で金融事故がなければ返済能力があると判断されて審査を通過するケースも多いです。

銀行では、おまとめローンという名前の商品よりも借り換えローンやフリーローンと言う名前の商品が多いです。

銀行は総量規制がないため銀行の与信枠内に収まる範囲であれば追加融資が可能なローンが多いのですが消費者金融のおまとめローンというものは、総量規制の特例貸付が適用されますので返済専用のローンになります。

又、銀行のフリーローンは事業用資金以外は使い途に制限はありませんが消費者金融のおまとめは貸金業の返済だけにしか使用できません。

銀行の場合、消費者金融と比較して低金利で高額融資が可能となりますが消費者金融のおまとめローンは最大金利が18.0%、最大融資額は300万円ですから、銀行と比較すると見劣りするのは否めません。

しかし、消費者金融のおまとめローンは銀行よりも審査に通りやすく審査結果や融資までの時間が早いので、銀行にはないメリットもたくさんあると言えます。

おまとめローンの手続きで一番簡単な方法はweb完結というインターネットを使った手続きです。

キャッシングローンを申し込んでいる姿を見られたくない人には最適ですし、24時間受付けているので、忙しい人でも余裕を持って申し込むことができます。

注意することはweb申込みとweb完結はちがうということでweb完結なら必要書類を撮影しネットで送信すれば完了です。

web申込みは申し込み手続きだけをインターネットで行って必要書類をダウンロードして記入し本人確認書類を郵送するローンもあります。

web完結なら曜日や時間に関係なく手続きができるだけでなく郵送でのやり取りが無いローンもあるので時間を節約することができます。

おまとめローンは複数の借入れ先を1つにまとめるためのローンで月々の返済額を低くすることができます。

月々の返済額が減ることで経済的な負担が軽減するというメリットがありますが返済する元本はそのままですので返済期間は長くなる事になります。

返済期間が長くなるということは、長くなった分だけ金利が発生しますから返済する総額はおまとめローンを組む前より増えることになります。

一方で、与信限度枠が高い人ほど適用金利は下げられますからおまとめローンで高い与信限度額が承認されることになれば、低金利で借り入れられる可能性もあるのです。

ですから、おまとめローンで金利がどのくらい抑えられるのかをシミュレーションして返済額を算出すれば返済総額を増やさずに、しかも毎月の返済を楽にすることも可能なのです。

消費者金融大手のアコムにはおまとめローンに使える借換え専用ローンというキャッシングローンがあります。

総量規制の影響で消費者金融の融資は年収により上限がありますがおまとめローンのように利用者のメリットが明確な場合は例外貸付が適用されます。

例外貸付とは顧客に一方的に有利になる借り換えなどが該当し、新規借り入れ分を含めた借入総額が年収の1/3を超えても融資が認められるというものです。

アコムのカードローンに比べて借換え専用ローンは300万円と低めの限度額ですが貸付利率は7.7%~18.0%と高めの設定になっています。

借換え専用ローンの借入金については限定されており貸付金額は元金の範囲内となります。

おまとめローンというローンは頻繁に利用するローンではありませんから利用に際しほとんどの方が、わからないことだらけだと思います。

手続きの方法や必要な書類を知りたい場合は、金融機関のHP上にある「よくある質問コーナー」に回答があります。

借金総額がいくらになったら利用したほうがよいかといった消費者目線の質問についてはインターネットで「おまとめローン よくある質問」と検索して探してみましょう。

情報サイトには消費者金融と銀行のメリット・デメリットも紹介されていますし金利やサービス内容なども比較されているので、非常に分かりやすいです。

審査に通るポイントや、通らない人の傾向などこれから組もうとする方にとって非常に有益な情報が多いのでおまとめローンの利用を検討している人は、是非検索してみてください。

おまとめローンの審査が何度も不合格な人は通らない理由を業者に聞いても教えてもらうことはできません。

通常のローン審査では年収や勤務先などの個人情報を採点したり情報センターに問い合わせをしますが各項目に問題が無ければ審査通過の可能性は大きいです。

年収が低い人でも借入金額とのバランスが保たれていれば心配いりませんが年収の1/3を超える借入総額の場合は審査に通らないと思ってください。

スコアリング審査は安定性や確実性の判断材料となり契約社員よりは正社員の方が信頼度が高いので審査に有利になります。

おまとめローン利用者は多重債務者なので返済の延滞歴がある人は審査通過は困難です。