非常食は家族分用意しておいたほうがいいの?

東日本大震災が起きた時に、よく言われたことがあります。
またそれは、阪神淡路大震災の場合と、どのように違っていたのでしょう!?。
阪神淡路大震災で被災地支援をやった経験を持つ人が、東日本大震災でも被災地支援をしようとしました。
しかし、その違いに戸惑ったこともあったと言います。
(汗)。
東日本大震災の特徴は、次のようなことがあるからです。
まず、被災地の広さですね。
被災を受けた地域が広いことで、一つの考えだけで支援をまとめることが出来ないと言うことです。
それから、津波による被害が大きいと言うことが挙げられます。
例えば、家屋、田畑の中にヘドロや海水が入り込んでいることですね。
そのために、復旧までの期間がかかると言うことです。
このように災害の度合いが、地域によって大きく異なっています。
復旧が長期化することで、被災地支援のボランティア活動も長期化しますよね。
しかし、それを受け入れるだけの余力が被災地にないことも多いのです。
災害が起こることで、その地域の特色が良い面と、悪い面が出てきます。
(汗)田舎で人との繋がりが密であった所は、復興の為の外部がからの支援を受け入れにくいようですね。
また、都会の中には、災害により人のきずなが生まれた地域もあるようですね。
(笑顔)。
それぞれの地域で災害の状況は違うと言うことですね。
非常食は何を用意する?