保険無料相談予約をキャンセルしたら勧誘の電話かかってくる?

数多く存在する保険相談会社の中でどこが一番良いのか決めかねることもあるかと思います。

選ぶ前にあらかじめチェックしておくべき重要なポイントをいくつか挙げてみようと思います。

まず最も重要な点として、FPさんたちの質が挙げられるでしょう。

もちろん実際は相性の問題もあるので、いざというときに会社でサポートをしてくれるようなところを選ぶようにしましょう。

そのほかにより多くの商品の取り扱いをしていれば細かな要望に応えやすくなる可能性が高いです。

アフターサービスの有無や有料かどうかも確認しておく必要があります。

皆さんは自分の契約している保険の内容を十分に把握していますか?少しでも不明点があれば確認しておいた方がいいです。

その際、おすすめするのが保険無料相談サービスです。

例を挙げると、病院で手術をした時に現在の保障ではいくら受け取れるかや事故による怪我のための保障など、特別なことがない限り使わないので保障内容を忘れていることもあります。

そこでFPに相談を行うことで現在の保障内容が希望に合っているかを確認しましょう。

場合によっては、ほぼ内容が変わらないのに月額を低く抑えることができる場合もありますよ。

保険無料相談のCMを見ていると気になることがあります。

それは「有料」の保険相談もあるの?という疑問です。

結論から言うとあります。

むしろ元々は有料なのが基本だったそうです。

では有料と無料でサービスの違いなどはあるのでしょうか。

無料相談の場合、FPは相談者と面談するだけでお金はもらえず、生命保険に加入してもらって初めて保険会社から手数料という形でお金をもらっています。

なので、FPにとって手数料のいい保険(FPにとって都合のいい保険)を提案してくる人が中にはいるそうです。

逆に、有料の相談の場合、販売ノルマのようなものがないため、親身になってくれる可能性が高いです。

プロによる保険無料相談を行っているいくつかの会社を、比較検討するため情報をピックアップしているサイトがあります。

よくポイントとして挙げられるのが、実際にFPさんと会えるまでの流れの簡単さや、提案できる商品が豊富にあるかどうか、そして最優先事項はFPさんそれぞれの評判です。

場合によっては数百万でもきかない金額になるものですから、数社で面談をした結果をじっくり比べて検討しながら、長く付き合っていけるような人と一緒に今後のことを考えていけると良いですね。

最近CMなどいろいろなメディアで目にする保険無料相談サービスですが、本当に無料なの?という疑問を感じる方もいると思います。

なぜ無料で営業できているのかをご説明いたします。

その答えは、相談者から料金を取らず各保険会社からの契約手数料を収益として成り立っているからです。

つまり、相談サービスからすると、勧めた保険に契約してもらわないと収益が入らないことになります。

そのため、特に評判を気にしている業界となり「相談に行ったら強引に契約を勧められそう」といった心配事は風評を気にする業界なのでまず起きないと思って良さそうです。

評判を気にする業界と聞いて、どんな業界を思いつきますか?一般的に思いつくのは、政治家や芸能関係だと思います。

実は保険無料相談を行なっている会社もすごく悪評を気にしているんです。

というのも、無料相談サ―ビスに登録してるFPは相談者が提案された保険に加入したら保険会社から報酬が発生するため、強引な勧誘をしていたり対応が酷いとSNSなどで悪評が拡散されてしまうからです。

そのため、サービス側も登録しているFPの質を挙げたいので、悪評、クレームの多いFPの登録解除を行ったりして対策をしています。

人生の中で保険は家の次に高い買い物と言われているので、信頼できる担当者からしっかりと説明を受けてから決めましょう。

無料で保険に関する話を専門家とできる機会が得られたなら、その時間をできる限り有効活用したいものです。

見直しを依頼するときに気を付けるべき点は、現在のものは保証内容・支払額のバランス等どうなのか?また自分や家族のライフスタイルに合っているか?ということです。

面談までの準備として人生設計について多少考えておき、健康診断などを受けたならその結果も準備しておきましょう。

そうすれば自分に合ったプランを提案してもらいやすくなります。

またどこの会社に面談を依頼するかということも重要なので、それについてもしっかり選びましょう。

思い切って保険無料相談をA社のFPにしてみたら保険の乗り換えを提案された。

保険は住宅の次に高い買い物と言われています。

A社のFPが信頼できると感じて乗り換えをするならいいのですが、できるだけA社から提案をしてもらった後に別のB社のFPにも相談をして引越しなどをするときの様に相見積もりすることをおすすめします。

その際に頭に入れておいて欲しいのがA社の内容をB社に見せるとA社に対抗する様な形で全く違う提案ばかりをしてくる可能性があります。

一番理想的なのはB社に提案内容を見せた時に「この内容でほぼOKです」と言うくらいの人だったらとても信頼できる方です。

ぜひ、その人に頼みましょう。

B社のFPに見せない場合は、単純に新しく提案された内容の比較をしましょう。

将来のことを見据えて保険の加入を考えている方、加入を検討しているならサービスを選びましょう。

近所の駅前にあるからという選び方もいいのですがサービスによっては、黒毛和牛肉やお米をプレゼントしているサービスもあるんです。

流れとしては、web予約フォームから相談日を決めて、家計&保険無料相談後にアンケートへ回答するともらえるそうです。

でも、無料で景品プレゼントを行っていると強制的・強引な勧誘をしていそうという気持ちもわかります。

FP紹介サービスでは、評判をとにかく気にしているので評判の悪いFPは契約解除を行うサービスもあるほど対策を考えています。

車の買取などいろいろな場面で見積もりをしますよね。

見積もり後に頻繁に電話がかかってきます。

値段交渉をしたりするのが楽しいという人もいますが最近では、電話そのものが苦手という方が多いイメージがあります。

保険無料相談サービスを利用する場合は、強制的な勧誘を行ったり、評判の悪いFPを登録解除を行うサービスもあるほど勧誘に関して対策が考えられています。

また、もし担当者が強制的な勧誘を行うFPだった場合はストップコールというサービス側で用意しているシステムがあり、電話一本で勧誘・相談のストップや担当FPをチェンジすることも可能です。

世の中には保険無料相談を請け負っている会社がたくさん存在します。

そんな中で、自分に合った良い会社を見つけるのはなかなか難しいことでしょう。

ネットなどにあるランキングを参考にしてみるのも良いでしょう。

これはさまざまな点から順位をつけてくれているので、自分に合った会社を選びやすくなるでしょう。

よく聞くような名前の会社でもFPさんとの相性や信頼関係は妥協できないところなので、上位で自分と合いそうな会社を探してみるなど、うまく利用して比べてみることも大切です。

保険の営業の人に案内されるがままに保険に加入してしまって実は、内容を十分に理解できていない方も多いと思います。

保険無料相談サービスの利用を考えてみてはいかがでしょうか。

保険の知識がなくてもFPが今はどんな保険に入っているか、もし現在のライフプランに合う保険ではなかった場合、他の保険の方が合う場合は紹介してくれるなど相談に乗ってくれます。

また、相談した結果、必要のなかったオプションに気づいたり別の保険に切り替えることで保険料が減る方も多いようです。

また、FP紹介サービスの中にはサービスを利用するとお米や黒毛和牛肉がもらえるキャンペーンを行っていたりします。

保険料を削減したい!でも、相談に行く時間がないからどうしようと悩んでいる方への解決方法があります。

保険無料相談サービスの中には、相談のやりとりをメールで全て行えるサービスもあります。

そのため、24時間受付をしており、相談に対する返信内容の確認も通勤中の電車の中など空いた時間に確認返信ができます。

もし、書いてある内容が難しくてわからない、こちらが伝えたいことが十分に伝わっていないと思ったときには、電話で直接担当者と相談することもできます。

相談の必要がなくなったときもメールで断れるので気楽に相談できそうです。

保険に関しての話し合いを自宅でする際に心配なことに、不十分な提案だからときちんと断れるのか?という点があると思います。

良心的な会社であれば強い勧誘の禁止令があったり、担当者と合わないときには変更してもらえたりするようなサポートが用意されているところがほとんどです。

また、初めての面談で即契約という流れにはほぼならないとのことなので、まずはきちんとした相談をしたいので勧誘はいらない旨をはっきり示しておくことも大切です。

経験を積んだ実力のあるFPさんなら他社と比較して検討してもらっても問題ないので、嫌な顔はされないでしょう。

ちょっとインターネット検索をするだけでも、保険無料相談を行っている会社はたくさんあります。

その激戦に勝つために、キャンペーンを行っている会社もあります。

気になるその内容はといいますと、主に商品券やギフト券、また現金などをもらえるというものでした。

もらえる額はばらばらではありますが、多くは数千円くらいのようです。

人によっては、いくつかの会社と面談をすることも少なくないでしょう。

こういったことを会社選びの参考にすれば多少面倒があったとしても我慢できそうです。

参考:保険無料相談予約キャンセルしたい!【ペナルティとかないの?】

世間でどれほどの人が保険のプロのところへ相談に行っているのでしょうか。

業績を調べますと一社の利用者数だけでも年間十万人を超えるそうです。

これは多くの人が関心を寄せる一方で、プロの意見を聞きたくなるほど入り組んだ仕組みとなっているということではないでしょうか。

それぞれの会社の評判を調べてみると、長年の実績があるほけんの窓口や保険マンモスなどの話が多くあります。

実力のあるFPさんがいるのはもちろんのこと、面談できるまでの手軽さが大きな魅力のようです。

無料で保険に関する話を専門家とできる機会が得られたなら、その貴重な時間を大切に活用したいところです。

どんな点に注意して見直しをするのかというと、今の保障内容や月額料金、またそれらのバランスはどうか?また自分や家族のライフスタイルに合っているか?ということです。

まず面談までに自身の生活設計をある程度たて、できたら今の健康状態についてわかるものを用意しましょう。

するとFPさんもより提案しやすくなり内容も具体的になります。

また肝心なのはどこで面談をするかでもあるので、それについてもしっかり選びましょう。

保険無料相談のCMを見ていると気になることがあります。

それは有料保険相談も存在しているの?ということです。

結論から言うとあります。

むしろ元々は有料なのが基本だったそうです。

では何が有料と無料で違い、メリット・デメリットになるのでしょう。

無料相談の場合、FPは相談者と保険内容の確認をするだけではお金はもらえず、提案した生命保険に加入してもらって初めて保険会社から手数料が支払われることでお金をもらっています。

なので、FPにとって手数料のいい保険(FPにとって都合のいい保険)を勧めてくる人が中にはいるそうです。

逆に、相談料が必要な場合、販売ノルマのようなものがないため、親身になってくれる可能性が高いです。

世間では人生で2番目に高い買い物は保険と言われています。

そう考えると、やはり慎重に選びたいですよね。

不安なら、無料でできる相談会社を利用してみてはいかがでしょう。

店舗を構えていたり、FPさんが来てくれたりとさまざまですが、会社により特典が付くところもあったりします。

何をもらえるかというと、商品券が多いようです。

金額は数千円のようですが、面談を数社とするならお小遣いとしては十分な額になるでしょう。

これからの話し合いができてプレゼントまでもらえるなんて、嘘みたいにお得なお話ですよね。

たくさんの人に利用されている保険無料相談。

資格を持った専門家に話を聞いてもらえたりするのに、なぜお金がかからないのでしょうか。

下世話な話ですが、お金が流れる仕組みについて少し調べてみました。

ざっくり言ってしまえば大本のお金を支払っているのは保険会社で、手数料という形で契約が成立したときのみ支払われるのだとか。

ですので最終的に我々と直接お話をするFPさんはやはり面談するだけではお金をもらえないわけなのですが、営業の機会を多く得ることができるため、持ちつ持たれつといった感じのようです。

いわゆる保険の見直しといえば実店舗を訪ねたり向こうに来てもらったりと直接面談するのが普通かと思いますが、数ある会社の中には電話でアドバイスをしているところもあるようです。

どんなシステムかというと、フリーダイヤルやネットから電話をかけてもらう時間の予約をし、その後にすることと言えばあとは連絡を待つだけ。

通話料すらかからないそうです。

この方法なら提案が不満なときも話を終わりにしやすいので、ほかの方法に比べても気楽に試しやすいのではないでしょうか。

時折インターネット上で見かける、「保険無料相談で牛肉プレゼント」というサービスですがというキャンペーン、なぜプレゼントキャンペーンを始めたのでしょうか。

昔は無料ではなく、FPにお金を払って保険の相談をするのが主流でした。

しかし、時代の流れとともに有料で保険相談をしてもらう時代が終わり無料相談サービスが増えてきました。

後から相談サービスに参入してきた企業は自社の製品を是非とも契約させたいと考えています。

そこで無料で相談できる場所が増えたことで獲得しにくくなった相談者を獲得するために、特典を出してでも件数を増やしたいという考えから始まりました。

豪華な景品プレゼントで相談者を募集している保険無料相談サービスをネット上を中心に見かけます。

大半の方が、フォームから保険相談の申し込みを行えば商品がもらえると思いがちですがそれは間違いです。

多くのサービスでは数回の面談後、アンケート回答などを商品贈呈の条件にしている企業が多いです。

別の注意点として、申し込んだからといって必ずしも面談が行えるわけではありません。

特に、中小規模のサービス会社に申し込んだ場合は、大手に比べてFP登録者数が少ないため面談の予定が決まらないことがあります。

例えば、ショッピングをしていて商品を勧められると断りづらい、断ったら悪いなと感じてしまう人がいます。

そういう方の中には、保険無料相談をして新しい保険を勧められ、断りにくいと思ってしまいそのまま契約してしまう。

その結果、自分の生活状況に合わない保障内容になっているなど様々なトラブルにつながる可能性があります。

なので、ここでは保険相談時の断り方について書こうと思います。

見分け方の1例としては相談時に「検討させてください」、「念のため、他のFPにも相談したい」のどちらかを言えば大丈夫です。

保険は人生で2番目に高い買い物と言われており、本当にお客様目線に立って案内しているFPなら引き止めません。

もし強引に引き止めてくるようなら信頼できないと考えて良いので担当者を変えてもらいましょう。

最近CMなどいろいろなメディアで目にする保険無料相談サービスですが、本当に宣伝通りに無料なの?と思ってしまう人もいると思います。

無料で営業できるのか理由を調べてみました。

調べた結果、各サービスは保険会社からの契約手数料を主な収益にして成り立っているからです。

つまり、相談サービス会社からすると、案内した保険に相談者が加入してもらうことが重要になります。

そのため、お客様目線で提案してくれるサービスが多く「相談に行ったら強引に契約を勧められそう」といった心配事は風評を気にする業界なのでまず起きないと思って良さそうです。

「保険業法」では保険の勧誘や販売についていろいろな規制をかけています。

金融庁は保険業法第300条への指針として「保険会社向けの総合的な監督指針」を策定しています。

これは相談者特典として保険料の割引や換金性の高いギフト券、ビール券などの金券類をプレゼントしてはいけないという指針です。

では、お米や牛肉などの商品自体をプレゼントしている場合はどうなのでしょうか。

実は、前述の「監督指針」には商品プレゼントについては具体例が記載されておらず、社会的儀礼として行われる香典などの慶弔関係やカレンダーの配布などは保険業法の禁止事項には該当しないとしています。

そのため、今のところは商品プレゼントは「完全にクロ」とも「完全にシロ」ともハッキリしていない状態にあると言えそうです。

動画サイトなどでよく見る保険無料相談のCMですが、CMによっては利用方法がよくわからないこともあります。

なので、ここでは無料相談サービスの利用方法について書きます。

一般的な流れとして多いのが、webサイト経由で相談日の予約をし、希望の場所若しくは店舗で相談という流れになります。

FPとの面談では最初に、将来の希望や保険に関する疑問、契約中の保険の保障内容の確認をしますその後、聞き取りをした人生設計などから条件に合う保険を提案します。

再度、相談者のライフプラン・将来の希望と照らし合わせて保障内容が合っているかを一緒に確認します。

テレビのCMを見て保険無料相談を頼んだけれど、いまいちこちらの要望を聞いてくれないという話を聞きます。

では、有料の保険相談を検討してみてはどうでしょう。

有料相談サービスの値段相場は大体5000から20000円くらいが多いようです。

有料で相談を行うメリットとしては、料金が発生しているので強引に契約を狙うものではないことや無料相談サービス内で実績のあるFPや優秀なFPが担当してくれることが多いことです。

そのため、相談者目線でアドバイスをしてくれます。

また、ほとんどの有料相談サービス業者では、FPに対して独自の認定基準を設定しています。

「相談に満足しなかった場合は、相談料を返す」という案内文も自信の表れでしょうか。

できれば無料で済ませたいと言う人は、優良な担当者に当たるまで相談を行なってください。

毎月の出費をどうにか節約したい、というのは少なからず皆さんも思っているはずです。

保険料金を見直してもいいかもしれません。

最近、様々なメディアで耳にする保険無料相談サービスを利用してみるのはどうでしょうか?でも、いざ利用しようと思っても保険の知識がなくても大丈夫なの?相談に行ったら強制的に契約しなきゃいけなさそうで行きにくい。

という印象を持ってしまう方もいますよね。

でも安心してください、知識がなくても加入中の保険内容の確認だけでも相談可能です。

その場合は、加入中の保険証券などを持っていくとより現在の契約内容がわかりやすくなります。

保険に関しての話し合いを自宅でする際に心配なことに、提案に納得できないときに断れるか?ということがあるでしょう。

普通なら押しの強い勧誘は禁止されていたり、担当者の変更を聞いてくれたりするなどといった安心・便利なサポートがあります。

また、初めての面談で即契約という流れにはほぼならないとのことなので、はじめに相談だけのつもりでいることをはっきり伝えてくぎを刺しておくのも良いかもしれません。

その提案に自信があるFPさんならむしろ他の提案と比較してもらった方が良いので、大丈夫でしょう。